コラム

コラム

2018.8.3 - 1000万円稼ぐ歯科医師になるには?

売上から給料は支払われます。
院長の峰啓介です。


歯科医師という職業は、他の職業と比べて、
成績がはっきり出る職業です。

何の成績かというと、
売上です。

私は個人的に、
患者様に一番いいものを提供するという姿勢が
一番重要だと考えています。

ですので、
売上が多いかどうかでその歯科医師の価値の全てが
決まるわけではないと私は固く信じています。

自費を進めるよりも保険治療の方がよい場合もあると思いますし、
欠損部は何が何でもインプラントというのも
違うと思っています。

そのように、
患者様のことを考え、
より良い治療を目指せば、売上などはいくらでも良いとは思います。

しかし、
良い治療をしている歯科医師が支持されないわけはない
とは思いませんか?

売上が目標ではないにしても、
患者様の満足の指標というのは売上が大きな参考となることは
間違いありません。

もし、給料を1000万円以上もらいたいとしたら、
売上が1000万以下でも大丈夫でしょうか?

打ち出の小槌が必要そうですね。

給料とは、売上の中から払われます。
とすると、自分の給料を上げるには売上を上げなければいけません。

当然だと思いませんか?

しかし、これを当然だと思わない歯科医師が多いように思います。

歯科医師が何点の治療をしたのかは、
包み隠さず明らかになることです。

当然すぎることですが、
たくさんの給料をもらうには、
たくさんの売上を上げなければいけません。

しかも、
患者様にとって最も良い治療を提供したうえで、
という前提が付きます。

それでは、
歯科の売上はどうすれば上がるのでしょうか?

また次回、
書きたいと思います。

一覧に戻る